ローレル クラブS C35 - お車修理費用のご参考に!板金塗装・ エアロ塗装取付・オールペイントが得意です!!YME横浜 川崎 東京

板金塗装 オールペイント エアロパーツ リサイクルパーツ 価格表 会社概要・アクセス HOME
::. ::. ニッサン ローレル クラブS C35

ニッサン ローレル クラブS C35

ホームページ検索より、WEBにてご入庫頂いた

ニッサン ローレル C35 オールペイントのご紹介です!!^^

ローレル (1) ローレル (2)

所有されて以来、外装塗装の劣化が進行し、いつも気になっていた、とおっしゃり

今回、外装のリフレッシュにて、ご入庫ご用命頂きました。

ローレル (3) ローレル (4)

ボンネット・ルーフ・トランクのアッパー部の劣化が特に激しいです。

ローレル (5) ローレル (6)

各パーツを取り外し、ふだん目の届かない箇所もチェックしながらの作業です。

ローレル (7) ローレル (8) ローレル (9) ローレル (10)

各パーツをチェックしながらの分解作業です。フレームはもちろん

骨格を含む

フロントバンパーホースメント、フロントエプロンパネル

ラジエーターコアサポートも大きな損傷もなく、歴代オーナー様の方々も

大切に所有されてきたのが垣間見れます。

ローレル (11) ローレル (12) ローレル (13) ローレル (14)

前後のドアモール、ルーフモールも取り外します。

ローレル (15) ローレル (16)

ルーフの下地処理です。

劣化した旧塗膜を削り落とします。

ローレル (17) ローレル (18)

サフェーサー下地処理剤を塗布します。

ローレル (19)

塗装編

ローレル (1) ローレル (2)

ローレル (5)

#GV1 ダークブルーイッシュブラックパール

ローレル (3) ローレル (4)

各部サフェーサーを水研ぎ後、本塗りに備え、

マスキングを施します。

ローレル (5) ローレル (6) ローレル (7) ローレル (8) ローレル (9) ローレル (10) ローレル (11) ローレル (12) ローレル (13) ローレル (14)

GV1のベースコートを塗装後、クリヤーコートを塗装します。

ローレル (15) ローレル (16) ローレル (17) ローレル (18) ローレル (19) ローレル (20) ローレル (21) ローレル (22) ローレル (23) ローレル (24) ローレル (25) ローレル (26) ローレル (27) ローレル (28) ローレル (29) ローレル (30)

ドアミラーも分解しての塗装となります。

ローレル (31) ローレル (32)

フロントバンパー、リアバンパー、サイドステップです。

完了編
ローレル (1) ローレル (2)

ボンネットも光沢、艶が戻りました。

ローレル (3) ローレル (4) ローレル (5) ローレル (6)

ルーフです。

ローレル (7) ローレル (8) ローレル (9) ローレル (10) ローレル (11) ローレル (12) ローレル (13) ローレル (14)

本来の艶と光沢が戻り、オーナー様にも喜んで頂きました!!

また、心機一転 ドライブをお楽しみください!!

オールペイント 作業実例

 作業実例

ひとことお問い合わせフォーム お見積もり依頼フォーム お電話でのお問い合わせは…0120-70-3660

ご依頼から納車までの流れ[オールペイント]

お問い合わせ・お見積
当社ホームページから無料お見積りフォーム、お電話・FAXでお問い合わせいただき、お見積り概算額をお伝えいたします。
フリーダイヤル0120-70-3660  TEL 045-475-3660  FAX 045-475-3210
お見積り・ご相談はすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
ご入庫
ご検討していただき、ご予算とご希望が合いましたのち、お車をお預りいたします。代車ご希望の場合はご相談ください。代車無料のサービスもいたしております。
作業開始
作業開始です。ご希望であれば、作業中(写真)の報告をメールにてお知らせするサービスもいたしております。
作業完了・納車・お支払い・全車保証
作業完了しだいお客様にご連絡いたします。お客様のご都合のよろしい日時に納車となりますがその際、担当者立会いのもとお車の状態をご確認していただき問題がなければ、ご精算していただき納車をさせていただきます。保証については、修理・作業方法により異なりますのでお尋ねください。
お支払い方法・・・現金、振込み、クレジットカード、からお選びいただけます。

お願い

修理のお車を工場に出す直前にはワックスはかけずにお出し下さい。
その理由として、ワックスは雨やホコリや錆からボディーを守りますが、逆に板金・塗装の場合その効果が逆作用します。
工程的にもワックスをすべて落とす作業に時間が掛かったり、ラバーやモールの隙間に入り込んでしまう場合もあります。
汚れていても結構ですからそのままお持ち頂けると幸いです。