レガシーS/W - お車修理費用のご参考に!板金塗装・ エアロ塗装取付・オールペイントが得意です!!YME横浜 川崎 東京

板金塗装 オールペイント エアロパーツ リサイクルパーツ 価格表 会社概要・アクセス HOME
::. ::. SUBARU レガシーS/W

SUBARU レガシーS/W

作業例 Data 1
”94  SUBARU  レガシー S/W*リサイクルパーツはただの解体部品ではありません。
厳しい検品チェックをクリヤーした商品のみ市場に流通します。

お持込状況
ガードレール 接触による
左 リア ドアパネル
左  ”   フェンダー 損傷
左 損傷を受けたドアです。
右 リサイクルパーツ (同色)要交換パーツは
@リサイクルパーツを利用します。
ドアを付け替えリアフェンダーの板金・引き作業に進みます。チリ(ドアとフェンダーの隙間)
が開いてしまっています。
損傷箇所をすべてサンダー研磨し生鉄を出します。スタッドという板金専用の機械で
ワッシャーを瞬間溶接します。
ワッシャーを列溶接後丸棒を差し込み、スライドハンマーという工具で引き出していきます。この作業を何度も繰り返し
少しずつ原型に近ずけます。
チリ(ドアとフェンダーの隙間)
が出たらパテ修正作業へ入ります。
塗装下地作業後
フェンダー本塗りです。

画像の上にマウスを・・・画像が変わります
リサイクルパーツはただの解体部品ではありません。
厳しい検品チェックをクリヤーした商品のみ市場に流通します。ドアは塗装していません。
同色の外装パーツがあれば驚くほど安価で修理可能です。
要交換パーツ

ドアパネルパネル ASSY ¥20000
ガラス・内張り・パワーウインドスイッチ付
リア フェンダー 鈑金 ¥25000
塗装 ¥21000
リア バンパー 脱着 ¥5000
テールレンズ ¥1500

(#は@リサイクルパーツ を利用)

部品代  ¥20000
工賃   ¥52500
TAX 5% ¥3625

GRAND TOTAL

76125 となります。(ディ−ラー系 修理見積もり
TOTAL ¥216350 )
ディ−ラーではリアドア・リアーフェンダーは
確実に交換されてしまいます。
板金修正で十分修理可能です。作業日数 4日
無料代車ご利用いただきました。
コメント
車両保険適用外でしたので(自費)
お客様のご要望でできるだけ安価でバッチリ直してほしいという依頼でした。
交換部品はリサイクパーツを利用しました。オーナー様 学生ということでしたので”学割”させていただきました!!(10%OFF)大変喜んでいただき ご満足頂きました。 一番うれしい瞬間です。
どんな質問・ご要望にもできる限り お答えします!!
過失や免責のある場合もお力添えできると思います!!

板金塗装 作業実例

 作業実例

ひとことお問い合わせフォーム お見積もり依頼フォーム お電話でのお問い合わせは…0120-70-3660

ご依頼から納車までの流れ[板金・塗装]

お問い合わせ・お見積
当社ホームページから無料お見積りフォーム、お電話・FAXでお問い合わせいただき、お見積り概算額をお伝えいたします。
フリーダイヤル0120-70-3660  TEL 045-475-3660  FAX 045-475-3210
お見積りフォームからのお問い合わせの場合、お車の状態がわかる写真を添付してくださると、より正確なお見積りが可能です。
当社に直接お車を乗り入れてくださっても結構です。正確なお見積りが可能です。
お見積り・ご相談はすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
ご入庫
ご検討していただき、ご予算とご希望が合いましたのち、お車をお預りいたします。代車ご希望の場合はご相談ください。代車無料のサービスもいたしております。
作業開始
作業開始です。仮に追加作業が発生しそうな場合は、その作業前に必ずご連絡差し上げます。お客様の了承をとらずに追加作業を進めることはございませんので、ご安心ください。ご希望であれば、作業中(写真)の報告をメールにてお知らせするサービスもいたしております。
作業完了・納車・お支払い・全車保証
作業完了しだいお客様にご連絡いたします。お客様のご都合のよろしい日時に納車となりますがその際、担当者立会いのもとお車の状態をご確認していただき問題がなければ、ご精算していただき納車をさせていただきます。保証については、修理・作業方法により異なりますのでお尋ねください。
お支払い方法・・・現金、振込み、クレジットカード、からお選びいただけます。

お願い

修理のお車を工場に出す直前にはワックスはかけずにお出し下さい。
その理由として、ワックスは雨やホコリや錆からボディーを守りますが、逆に板金・塗装の場合その効果が逆作用します。
工程的にもワックスをすべて落とす作業に時間が掛かったり、ラバーやモールの隙間に入り込んでしまう場合もあります。
汚れていても結構ですからそのままお持ち頂けると幸いです。